★★★☆☆

『ディスコ探偵水曜日』舞城王太郎

ディスコ探偵水曜日〈上〉作者: 舞城王太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/07メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 191回この商品を含むブログ (191件) を見る 上巻 20150812開始,同日読了 " 「あんまり翻弄しまくらないでね.うまくいくものもいか…

『生きられる時間』ユージン・ミンコフスキー

生きられる時間〈1〉現象学的・精神病理学的研究作者: E.ミンコフスキー,Eug`ene Minkowski,中江育生,清水誠出版社/メーカー: みすず書房発売日: 1972/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (3件) を見る 20150804読了 上巻 "「時間」に…

『量子力学の解釈問題 実験が示唆する「多世界」の実在』コリン・ブルース

量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス)作者: コリン・ブルース,和田純夫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/05/21メディア: 新書購入: 6人 クリック: 146回この商品を含むブログ (25件) を見る 20150531開始,同日読了 コペ…

『ダーウィンの箱庭 ヴィクトリア湖』ティス・ゴールドシュミット

ダーウィンの箱庭ヴィクトリア湖作者: ティスゴールドシュミット,Tijs Goldschmidt,丸武志出版社/メーカー: 草思社発売日: 1999/09メディア: 単行本 クリック: 23回この商品を含むブログ (13件) を見る 20150531開始,同日読了 著者はオランダ出身,1980年か…

『自我論集 > 「快感原則の彼岸」』フロイト

自我論集 (ちくま学芸文庫)作者: ジークムントフロイト,竹田青嗣,Sigmund Freud,中山元出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1996/06メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 39回この商品を含むブログ (44件) を見る 20150426開始,20150428読了 雑感 まさかフロイ…

『nature科学系譜の知』

nature科学 系譜の知 バイオ(生命科学)、医学、進化(古生物)作者: 竹内薫出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2015/01/31メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 20150414開始,20150421読了 雑感 個々のネタはNatureに掲載されただけあって面白いん…

『闘うプログラマー』G・パスカル・ザカリー

闘うプログラマー[新装版]作者: G・パスカル・ザカリー,山岡洋一出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2009/07/23メディア: 単行本購入: 23人 クリック: 203回この商品を含むブログ (64件) を見る 20150329開始,同日読了 原題: SHOWSTOPPER! (1994) カトラー.…

『孤独の愉しみ方』ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智 (智恵の贈り物)作者: ヘンリー・ディヴィッドソロー,Henry David Thoreau,服部千佳子出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2010/09/01メディア: 単行本 クリック: 11回この商品を含むブログ (5件) を見る 201503…

『死に至る病』キェルケゴール

死に至る病 (岩波文庫)作者: キェルケゴール,斎藤信治出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1957/01メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 96回この商品を含むブログ (97件) を見る 20150309開始,同日読了 死に至る病とは絶望のことである 人間とは精神である.精…

『日本残酷物語(1)』

日本残酷物語〈1〉貧しき人々のむれ (平凡社ライブラリー)作者: 宮本常一,山本周五郎,揖西高速,山代巴出版社/メーカー: 平凡社発売日: 1995/04メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 531回この商品を含むブログ (26件) を見る 20150221開始, 20150223読了 船 …

『意志と表象としての世界(3)』ショーペンハウアー

20150208開始, 同日読了 第四巻 意志としての世界の第二考察(続) 苦悩が人生の本質をなし,苦悩はしたがって外から自分の方へ流れこんでくるものではなく,誰でも自分の心中に涸れることなき苦悩の泉をかかえて生きているのだ(p.23) あらゆる「満足」あるい…

『精神の生態学』グレゴリー・ベイトソン

20141130開始, 同日読了 論文集. バラバラの断片ではあるが, 観念ideas, あるいは精神mindに関する新しい思考という点で共通している. コミュニケーションにおける論理階層の問題を追求していくには, 生物に題材を求めるべきだということが見えてきて, わた…

『人間悟性論』 ジョン・ロック

人間悟性論〈上巻〉 (岩波文庫) 人間悟性論〈下巻〉 (岩波文庫) 訳者解説 人間悟性(知性)のありかたを究明 ロックはスピノザと同年代. ロックの言う観念(idea)はデカルトの言う我思ふ(cogito)と同一のものとおもわれるが, 哲学の形はずいぶんと違っている. …

『遺伝医学やさしい系統講義18講』

20140724開始-20140727読了 出処: ぼうのうさんのプレゼン “これから”のライフサイエンス研究とバイオインフォマティクス (Next Generation Life Science & Bioinf… 雑感 2013年か4年の本. わりと医療の現場視点が多く, 現在受け取りきれない情報もいろいろ…

『国家(下)』プラトン

20140912開始-20140913読了 ;; 対話型ラノベだけど議論は成り立っておらず, 基本的に詭弁. ツッコミどころがあってもスルーしてソクラテスがオレオレ論で無双するだけの展開. ;; 議論しているような風を装って実際のところは思うように話を持っていってる現…

『国家(上)』プラトン

20140903開始-20140908読了 図書館で借りた. 著者はプラトン, ソクラテスの議論を記録. ソクラテス一人称. 上下巻, 全体の流れ まず、正義とは何か 国家と個人における正義とは何か 理想国家と哲学 哲人統治のための教育 不完全国家 創作の考察と正義の報酬 …

『螺旋のエンペロイダー Spin2.』上遠野浩平

意識するのは間に合わない――理解したときには、既に完了している。 p.79 Spin1.で出て来た人物の真新しさがなくなってしまうと, まぁ. なんでも波動

『ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン』上遠野浩平

どうでもいい連中から褒め称えられないと気がすまないような奴らは、それだけでつまらない人間ではないか p.68 - 夢には終りがある―到達するのか、挫折するのか、そこに差はない。夢が夢だとわかるのは、それの終わり方を人が理解したとき―夢はできあがる p.…